写真

大坂・阿倍野区にあるマツモトキヨシの店舗(左)と、東京駅の駅ナカにあるココカラファインの店舗(写真:左はマツモトキヨシ提供、右は記者撮影)

ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスと同業のココカラファインはこの4月、資本業務提携に向けた協議を開始すると発表した。 マツキヨは2019年3月末現在で1654店、ココカラは同1354店を全国に展開している。ともに都市型店舗が多く、展開エリアを相互に補完できる関係もある。調剤事業に力を入れている点も共通している。マツキヨは海外に店舗を積極的に展開し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング