写真

夫婦生活を円満にしていくために、妻の本音をきちんと理解して行動しましょう(写真:xiangta/PIXTA)

「事実婚」「別居婚」「週末婚」と、結婚のカタチが多様化してきている昨今、“夫婦のカタチ”も変化してきているのが実情です。「亭主関白」という言葉や概念は、今では死語になりつつあり、幸せな結婚生活のためには、むしろ「恐妻家」や「かかあ天下」のほうがうまくいくという時代の流れになってきています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング