写真

業務停止処分がなくても、すでに業績は大幅な赤字となっている(記者撮影)

「事実に相違ありません。本当に申し訳ありませんでした」 国土交通省関東地方整備局が6月21日、業務停止処分を下す前に対象者の弁明を聴く聴聞会を開いた。頭を下げたのは、賃貸アパート経営サイトを運営する東証1部上場「TATERU」の古木大咲CEO。 同社は2018年8月に営業担当者が顧客の融資資料を改ざんし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング