写真

口うるさく「勉強しなさい」と言うかわりに、東大生の親は何をしていたのでしょうか(画像:Fast&Slow/PIXTA)

偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。 「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」 「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング