写真

「逃げる」ことは決して悪いことではないが、最後の手段の1つとして本当にヤバいときのために取っておいたほうがいい(写真:Satoshi KOHNO/PIXTA)

「逃げる」ことの重要性が最近はよく言われるようになった。毎年9月1日、夏休みを終え学校に戻る小中学生に対し、「いじめられているのならば学校から逃げていい」といったアドバイスは毎年定番のものだろう。 また、5月23日に『GQ』のウェブ版には『「“逃げる”ことを怖がらないで」──『うつヌケ』著者・田中圭一インタビュー(後篇)』という記事が掲載された。 これは漫画『うつヌケ』著者・田中圭一氏が自身のうつ病体験を語り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング