写真

業績予想を下方修正する企業が少なくない。いよいよ日本株の先行きに暗雲が垂れ込めれているのだろうか (写真:G-item/PIXTA)

日本の株式市場がドタバタ状態に陥っている。日本株は7月初めこそ、その直前にあった米中首脳会談を受け、通商交渉が進展するという「危うい期待」から上放れた。だが、その後の日経平均株価は2万2000円台を回復することができず、先週後半は逆に一度下ブレた。結局、「7月初のから騒ぎは何だったのか?」と言えるような虚しい状況だ。 ごく短期的にみても、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング