写真

日経平均株価が下がっても、あまり心配しないで持てる株もあるはずだ(写真:Greyscale/PIXTA)

日経平均株価は2万円維持が怪しくなってきた。カリスマ投資家の内田衛さんはこの連載で「夏の株安」を予想してきたが、きっちり当たった格好だ。この後、相場はどうなるのだろうか。また個人投資家は「下落相場」でどんな対応をすべきだろうか。7月末からの約2週間の取引とともに、早速内田さんの「株日記」で見てみよう。 ■かんぽ生命の「買い」は早すぎたかも 【7月29日月曜日】先週末の日経225先物は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング