写真

フューチャーズリーグでの試合風景。金属バットでも飛びにくい低反発のものが使用されている(筆者撮影)

今夏の甲子園は、昨年の金足農(秋田)、吉田輝星のように700球以上も投げる投手は出ない模様だ。それでも、8月17日の3回戦で今大会No.1投手と評される星稜(石川)の奥川恭伸が延長14回165球を投げている。地方大会では200球をゆうに超える球数を投げた投手が続出していることを考えれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング