写真

再選に直結するだけに、トランプ大統領は常に株価を気に掛けている。だがアメリカ株は再度大きく下落するかもしれない(写真:AP/アフロ)

筆者は、7月11日のコラム「日本株に期待できないと考えるこれだけの理由」で、「アメリカ株市場に対する判断はやや慎重方向に傾いている」と、アメリカをはじめ株式市場全般について慎重な姿勢を示した。 その後、同国株は一時史上最高値を更新したが、7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のジェローム・パウエル議長の発言が嫌気された。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング