写真

幽霊とマンガと落語をコラボしたイベントを主催した、谷中にある臨済宗国泰寺派の全生庵。全生庵は幕末の無血開城に尽力し、後に明治天皇の侍従を務めた山岡鉄舟が1883(明治16)年、建立した寺院。鉄舟のほか、同時期に活躍した落語家の三遊亭圓朝も眠る(筆者撮影)

■幽霊×マンガ×落語のコラボイベント 幽霊とマンガと落語をコラボしたイベントが8月3日、都内のお寺にて開催された。 イベントを主催したのは谷中にある臨済宗国泰寺派の全生庵。同寺では、所有する50幅に及ぶ幽霊画を、毎年8月の1カ月間一般公開している。 同寺に眠る落語家・三遊亭圓朝の命日にちなんだ「圓朝忌」の一環として行っているものだが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング