写真

NGOトーゴ家族福祉協会(ATBEF)のアクティビスト/ピア・エデュケーターとして活動するシェリタさん(写真:IPPF提供)

羽田から飛行機で30時間、うち12時間はパリの空港ホテルで待機。とにかく遠い西アフリカ・トーゴだが、目の前の女性はとても身近に思えることを話すのだった。 この女性はシェリタさん(25歳)。国内の大学英文科を卒業した後、NGOトーゴ家族福祉協会(ATBEF)のアクティビスト/ピア・エデュケーターとしてボランティアで活動している。 ■ピア・エデュケーターとは? 役割は同世代向けに“性と生殖に関する健康と権利”の教育をすること。英語ではSexualandReproductiveHealthandRights(SRHR)と呼ばれる。高校や大学を訪問してコンドームの使い方を教え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング