写真

9月後半の相場に向けて、まさかの「落とし穴」はあるのか?(写真:Alife/iStock)

9月以降、日経平均株価は堅調な推移で2万1000円台に乗せ、重要なテクニカル指標とされる200日移動平均線を上回ってきた。ただ、東証1部市場の売買代金は依然としてやや盛り上がりに欠ける。カリスマ投資家の内田衛氏は〝波乱含み〟とのイメージが強い9月相場にどんな戦略で臨むのか。早速「株日記」を見てみよう。 ■消費増税の影響軽微、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング