写真

セブン銀行が9月12日に発表した新型ATM「ATM+」。顔認証技術やスキャナーなど、さまざまな新機能を盛り込んだ(撮影:大澤誠)

厳しい収益環境のもと、店舗や人員と並んで銀行の悩みの種となっているのがATM(現金自動出入機)だ。 クレジットカードやネットバンキングが普及し、顧客の利用頻度は減少。給料日にサラリーマンがATMに並ぶ姿を見ることもなくなりつつある。 それなのに、ATMにかかる年間の維持費は1台数百万円かかると言われている。9月には三菱UFJ銀行と三井住友銀行が店舗外ATMの共同利用を開始するなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング