写真

親の「勝ち組教育」によって結果的に子どもが暴君化し、「家庭内ストーカー」になるケースが増えています(写真:プラナ/PIXTA)

子どもから親への家庭内暴力が、年々増えている。今年は、家庭内暴力に悩まされていた元農水省事務次官が、「他人に危害を加えないために」という理由でわが子を殺害したという事件も起こった。 2018年版「犯罪白書」によると、少年による家庭内暴力事件の認知件数の総数は、2012年から毎年増加しており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング