写真

昨年春にJR東労組から3万5000人もの組合員が次々と脱退した。JR東労組の崩壊の陰でいったい何が起こっていたのか、その謎を解き明かす(写真:ゆうじ/PIXTA)

昨年春に起きた、JR東日本の最大労組「JR東労組」からの、3万5000人もの組合員の大量脱退。この事態の背後には、どのような謎が隠されていたのか。 このほど上梓した『トラジャJR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉』で、JR東日本、JR北海道で今、何が起きているのかを深くえぐった西岡研介氏が解き明かす。 ■民営化初の「スト権行使」通告 あっけないものだな……。 それが昨春、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング