写真

トヨタ「エスティマ」は2019年10月に生産を終了し、約30年の歴史に幕を下ろす(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

最近、かつて人気の高かった国産の主力車種が、次々と生産終了を発表している。トヨタではミニバンのエスティマが、2019年10月に生産を終える。8月以降はメーカーに向けた新規発注が締め切られ、販売を実質的に終了した。同じトヨタではLサイズセダンのマークXも、2019年12月に生産を終える。 日産は2019年中にコンパクトカーのキューブを終了させる。三菱パジェロも8月に国内向けの生産を終えて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング