写真

黒田日銀総裁は、会見で明らかに次は動くというメッセージを打ち出した(撮影:大澤誠)

日本銀行は9月19日、金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定したが、次回10月末の決定会合では「経済・物価動向を改めて点検していく」と声明文で明確に打ち出した。黒田東彦総裁は、会合後の記者会見でも「海外経済のリスクは高まっている」「前回の会合よりも(追加緩和に)前向きだ」と発言し、明らかに次は動くというメッセージを打ち出した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング