写真

台風19号による大雨で水につかった新幹線の車両=13日午後5時14分、長野市赤沼(写真:共同通信)

10月12日から13日にかけて関東甲信越・東北地方を通過し、河川の氾濫など大きな被害をもたらした台風19号。鉄道も例外ではなく、この地域を営業エリアとするJR東日本の各線にも爪痕を残した。各地で施設や車両などに大きな被害が出ている。 ■北陸新幹線の基地が浸水 長野県長野市にある北陸新幹線の長野新幹線車両センターでは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング