写真

「イトーヨーカ堂、そごう・西武の苦戦が鮮明」と苦渋の表情を浮かべるセブン&アイHDの井阪隆一社長(撮影:今井康一)

「イトーヨーカ堂、そごう・西武の苦戦が鮮明になっている」 セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一社長は10月10日、2020年2月期上期(2019年3~8月期)決算説明会の冒頭でこう語った。 ■コンビニが業績を牽引 セブン&アイHDはコンビニ「セブン-イレブン」、GMS(総合スーパー)の「イトーヨーカドー」、百貨店の「そごう」「西武」など幅広い業態を持つ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング