写真

2019年10月を境に、電力会社には大きな転機が訪れるという(写真:pixelcat/PIXTA)

住宅用太陽光発電(以下、PV)の活用のあり方が今、大きな転換点を迎えようとしている。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT=Feed-inTariff)において、発電電力(10kWh未満)の買取契約(10年間)が2019年11月から順次終了。「卒FIT」を契機に今後、これまでの売電から発電電力を活用するための新たな選択を求めるユーザーが増加するからだ。 「2019年問題」とも呼ばれるこの状況はビジネスチャンスを生むとされ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング