写真

アメリカの制裁により、ファーウェイはスマートフォンなどの販売が失速している(撮影:梅谷秀司)

10月10~11日に、ワシントンで閣僚級の米中貿易協議が開かれた。5月に協議が決裂して以降、双方とも追加関税をかけ合うなど両超大国の対立は激化してきた。 特に10月15日から実施予定の2500億ドル相当の中国製品に対する制裁関税(第4弾)を回避できるかどうかが焦点だったが、中国側がアメリカ農産品の買い入れなどで譲歩。関税引き上げを見送る部分的な合意に達した。 ただ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング