写真

10月11日の衆議院予算委員会で答弁に立つ安倍晋三首相(右手前、写真:時事通信)

ラグビーW杯での日本の大健闘や、相次ぐ台風被害で国会論戦の影が薄くなる中、与野党議員が「12月15日衆院選」説に神経をとがらせている。 史上最長政権という「宰相の勲章」を手にする11月20日に安倍晋三首相が衆院解散を断行、投開票は大安の12月15日という選挙日程になっている。野党側も「安倍さんならやりかねない」(立憲民主幹部)と身構えるなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング