写真

公聴会によってトランプ大統領の弾劾を支持する世論は形成されるか(写真:REUTERS/Leah Millis)

11月13日、ウクライナ疑惑をめぐり、いよいよトランプ大統領の弾劾公聴会が始まる。アメリカのテレビ局各社はライブ中継で公聴会を放映。これまでの調査は、民主党が極秘に行ってきたと、共和党が批判してきたが、これからは公聴会を通じ多くの国民の目に触れることとなる。公聴会のトップバッターはビル・テイラー駐ウクライナ代理大使とジョージ・ケント国務次官補代理(ウクライナ担当)だ。 2日後にはマリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使も証言する。いずれも今回のウクライナ疑惑をめぐる証言者の中ではエース級だ。証言者選定など主導権を握る下院多数派の民主党は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング