写真

長引く香港でのデモ活動。香港内の大学も、次々とデモ隊の拠点となっている。写真は2019年11月13日デモで火の手が上がった香港中文大学に隣接するMTR駅の様子(写真:Anthony Kwan/Getty Images)

2019年6月の逃亡犯条例に端を発したデモは、普通選挙の実現を求める民主化運動に発展。落としどころがまったく見えないうえに、10月4日に緊急状況規則条例(緊急条例)で制定された「覆面禁止法」(18日に香港高等法院で違憲判決)も過激化に輪をかけた。 さらに11月4日午前、デモに参加していたとみられる香港科技大学のアレックス・チョウ氏が立体駐車場の3階部分から2階へ転落し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング