写真

製造業をベースにした設計で流動性が低いのも問題だ(写真:タカス/PIXTA)

■平均給与は上がったというけれど なぜ自分の給与はこんなに低いのだろうか。そう感じたことがない人はいないだろう。国税庁が発表した最新の民間給与実態統計調査によると、2018年は上昇基調にある。年間440万円ほどだ。 しかし、上がったといっても440万円。それはリーマンショック前の2007年当時の水準に近づいたにすぎない。さらに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング