写真

「ミシュランガイド」の最新版では、醤油ラーメンと手打ち麺のお店がなぜ目立つのだろうか? (左)「手打式超多加水麺ののくら」、(右)「純手打ち 麺と未来」(筆者撮影)

世界の食通が認める「ミシュランガイド」に日本のラーメン店が掲載され始めて6年。最新版として11月下旬に発行された『ミシュランガイド東京2020』のラーメン部門を眺めると、2つの傾向が見えてきた。 1つは醤油ラーメンをメインとするお店の紹介が目立つこと。もう1つは昨年から見られ始めた自家製の手打ち麺を使った新店の評価が高まっていることだ。 「ミシュランガイド」はタイヤメーカーのミシュランが発行する、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング