写真

JR九州の新しい観光列車に、廃車になった新幹線の座席を再利用する案が浮上している(写真:tetsuo1338/PIXTA)

興味深い情報が飛び込んできた。JR九州が2020年秋に運行開始する観光列車「36ぷらす3」の座席に新幹線「800系」の座席が再利用される可能性があるのだ。 「36ぷらす3」は、JR九州の観光列車デザインを一手に引き受けてきた水戸岡鋭治氏が、今回もデザインを担当する。その車体は、1990年代に特急「つばめ」として活躍した「787系」がベースとなる。外観については11月21日にデザインが公開されたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング