写真

(写真:ロイター/アフロ)

先週の日米等の株価動向は、週前半は軟調で、後半は堅調な展開となった。材料はさまざまで、騒々しい週だったと言える。 ■「米中合意はあるのか、ないのか」で二転三転した市場 最も市場をかき回したのは、引き続き米中貿易交渉に関しての部分合意を巡る思惑だった。まず株安材料となったのは、2日(月)にウィルバー・ロス商務長官が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング