写真

日本の3メガ損保は石炭火力発電の保険引き受け方針ランキングで最下位となった。写真は関西電力と伊藤忠エネクスグループが運営する仙台市内の石炭火力発電所(記者撮影)

日本の損害保険大手3グループが、石炭火力発電や採掘など石炭関連事業への保険引き受け方針をめぐって、国際世論の厳しい視線にさらされている。 「TheSunriseProject」や「グリーンピース」など国内外の環境関連NGO13団体が加盟する「UnfriendCoal」キャンペーンネットワークは12月2日、世界の大手保険会社30社について、石炭関連事業への保険引き受け方針に関するランキングを公表した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング