写真

ヤマダ電機の山田昇会長(右)と握手をかわす大塚家具の大塚久美子社長(左)(撮影:尾形文繁)

タイムリミットが目前に迫る中での決定だった。 大塚家具は12月12日、家電量販店大手・ヤマダ電機との資本提携を発表した。ヤマダは12月末にも第三者割当増資を引き受け、大塚家具の株式を約44億円で51%取得、同社を子会社化する。 ヤマダ傘下となった後も、大塚家具の大塚久美子氏は社長を続投する見通しだ。創業者である父・勝久氏との経営権をめぐる委任状争奪戦から5年弱。業績悪化に歯止めが掛からない中、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング