写真

人口構造の変化がもたらした労働者数の減少。日本企業にはどんな影響があるだろうか(写真:CORA/PIXTA)

現在、日本の国内企業と外資企業が直面している最大の課題は、人口構造の変化だ。近年の日本社会の高齢化と出生率の低下は、企業の顧客数の減少だけでなく、日本の労働市場で雇用可能な労働者数の減少をももたらした。2015年に日本経済は「完全雇用」の状態となって以来、雇用可能な労働者の数は着実に減少している。 足元の失業率は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング