写真

アメリカ・アイオワ州の養豚場の子豚たち。写真はイメージ(写真:ロイター/アフロ)

「豚が空を飛ぶ」とは、西洋でいう”ありえないこと”の例えだが、今、日本で飼われて消費されている国産の豚は、空を飛んでやって来た。 それもアメリカから、ちょうど60年前に、日米新安保条約が調印された直後に送られた、35頭の種豚からはじまっている。 当時の報道によると、ホワイトハウスを訪れた岸信介首相が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング