写真

「2020年は最高値圏にあるアメリカ株よりも、日本株のほうが上昇する」という見方があるが本当だろうか(写真:AP/アフロ)

2020年の世界の株式市場は、波乱の幕開けになるかと思われたが緊迫化したアメリカ・イラン情勢が一服。その後の米中貿易協定の第1段階合意などを経て上昇基調が続き、アメリカ、ヨーロッパの主要株価指数は1月中旬に史上最高値を更新した。年初に大幅安で始まった日本株市場も落ち着き、日経平均株価は昨年12月中旬とほぼ同水準の2万4000円付近で推移している(1月22日の終値は2万4031円)。 ■2020年の「日本株の逆襲」はあるのか? 日本株の値動きは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング