写真

会談に臨む立憲民主党の枝野幸男代表(右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(2020年1月10日、写真:時事)

結局というか案の定というか、立憲民主党と国民民主党の合流協議が頓挫した。 巨大与党に対峙できる「ワンチームの1強野党」(立憲民主若手)を目指して、年をまたいで交渉を続けた両党だったが、通常国会召集直後の1月21日に出した結論は「当面、合流は見送り」という「事実上の決裂」(立憲民主幹部)だった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング