写真

CDPの最新の評価で、日本企業は38社が最上位のAリスト入りした(編集部撮影)

温室効果ガス削減の努力など、環境分野の情報開示の取り組みで優れた企業を評価しているのが、イギリスに本部を置く国際非営利組織CDPだ。気候変動、水資源、森林保護の3分野について、企業の環境分野における努力や情報開示の質をAからDマイナスまでの8段階でランク付けしている。 そのCDPによる気候変動分野の評価でこの1月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング