写真

就職活動の面接現場には不適切な質問をする採用担当者もいる(写真:yongshan/PIXTA)

就活には長い準備期間がある。まず学生は、自分の歴史を振り返る。次に、産業を構成する業種を調べ、知っている企業(BtoC)だけでなく、知らないBtoB企業についても研究して視野を広げていく。そして企業に応募し、説明会や面接で社員や人事と話す。そして、その応答によって志望度を上げたり下げたりする。 「好感度」が高ければ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング