写真

トランプ大統領は「苦しい2週間になる」と発言。市場は楽観的に考えているフシがある(写真:AP/ロイター)

アメリカの株式市場は3月23日がいったんの大底となり、ダウ工業株30種平均はわずか3日で約20%も上昇する記録的な反発となった。この一つのきっかけは、連邦準備制度理事会(FRB)による大規模な流動性供給や社債市場など信用の引き締まりへの対応などの金融緩和政策が、金融市場で起きていたドルキャッシュ不足を和らげたことである。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング