写真

アメリカの制裁でファーウェイの海外向け携帯端末事業は打撃を受けた(撮影:今井康一)

中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は3月31日、2019年の決算報告書を発表した。アメリカ政府が2019年5月に同社をエンティティー・リスト(訳注:アメリカの安全保障や外交政策上の利益に反すると判断された企業等のリストで、事実上の禁輸対象)に加えて以降、初めての年間業績の披露となる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング