写真

新型コロナウイルスの拡大に伴い、医療現場では人工呼吸器の確保が喫緊の課題になっているが、十分な数の確保はそう簡単なことではない(写真:時事通信)

新型コロナウイルスの感染者が増える中、注目されているのが人工呼吸器と人工肺(ECMO)だ。 人工呼吸器は患者の肺を利用して呼吸を助け、ECMOは肺の代わりの機能を体外で行い、肺を一時的に休ませる効果がある。だが、いずれも台数に限りがある。 特に喫緊の課題が人工呼吸器の確保だ。異業種も含めて増産を急いでいるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング