写真

日立製作所はコロナ禍をきっかけに、社員の働き方を大きく変えようとしている(編集部撮影)

コロナ禍をきっかけに、働き方が大きく変わる可能性が出ている。 日立製作所は感染の収束後も、社員の働き方は在宅勤務を標準としていく方針を発表した。在宅勤務そのものが目的ではなく、在宅勤務を変革のドライバーとして、1人ひとりの仕事・役割と期待成果を明確にする欧米流の「ジョブ型人財マネジメント」への転換を加速するためだ。 日立はリーマンショック時に7873億円という国内製造業で過去最悪となる最終赤字を計上。川村隆元会長兼社長(前東京電力ホールディングス会長)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング