写真

日産は、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した新型SUV「キックス」を6月末に日本で発売した(写真:日産自動車)

業績不振に苦しむ日産自動車が、国内でのブランド再建に向け、試金石となる新型車を投入した。6月30日に国内販売が開始されたコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)の「キックス」は、5月下旬に新たな中期経営計画「NISSANNEXT」を発表した後、初の新型車となる。日産は今後も新型車を矢継ぎ早に投入して反転攻勢のアクセルを踏む考えだ。 ■新型車乏しく株主からは厳しい声 「これまでモデルチェンジしていないから、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング