写真

澤田貴司社長は3兆円の巨大ビジネスをどう変えようとしているのか? (撮影:梅谷秀司)

2016年9月、澤田貴司がファミリーマートの社長に就任したのは、サークルK・サンクスとの統合のタイミングだった。ここで5003店のブランド転換が行われたのだが、実は並行して3300もの店舗をクローズしている。ただ、ブランドを変えただけではない。この先のポテンシャルを感じられない店舗を、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング