写真

ビットポイント社長の小田玄紀氏は親会社のリミックスポイントの社長も務める(記者撮影)

2019年7月11日、東証2部上場のリミックスポイント傘下の暗号資産交換所・ビットポイントジャパン(BPJ)で暗号資産が流出した。 外部からのハッキングで盗まれたビットコインなどの暗号資産は、事故当時のレート換算で約30億円に相当する。BPJの口座開設者11万人のほぼ半数となる約5万人が被害を受けた。 流出した顧客の暗号資産はBPJが代わりの暗号資産を別途調達してすべて返還したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング