写真

梶山弘志・経済産業相は、旧式の石炭火力発電所を2030年度までに休廃止する方針を表明した(写真:ロイター)

ESG投資は近年、世界の資産運用において中心的テーマと言われるまでに急拡大した。ESG投資残高は欧米中心に30兆ドルを超えるとされ、日本でも2014年まではゼロに等しかったものが2018年には2.2兆ドルに急増している(国際組織のGSIA集計)。企業側から見たESG経営も含め、新型コロナ禍を経て注目度が一段と高まっている。 そこで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング