写真

建築コンセプトは、台湾の多様性。壁の凹凸がその共生を意味する(撮影:五味稚子)

2020年2〜6月の稼働率7〜8割、7月の予約率は9割――。この数字は、台湾にある「星のや」の稼働状況である。 台湾の新型コロナウイルス対策が優れていたとはいえ、海外から台湾に来る人の波は断たれたまま。その状態で叩き出した数字は驚異的というほかない。 昨年は月間100万人前後の人数が海外から台湾を訪れていた。それが今年2月には前年同月比62.6%減、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング