写真

「米中冷戦」における中国の強気姿勢を支えているのは、意外にも故・田中角栄が日本のために残した置き土産だった(撮影:東洋経済写真部)

米中貿易協議における「第1段階の合意」が結ばれてから、7月15日でちょうど半年になる。 ところが、6月末に中国政府が「香港国家安全維持法」を成立・施行させ、香港から「高度な自治」「一国二制度」を事実上、剥奪したことにアメリカが反発。対中圧力を強め、もはや「米中貿易戦争」から「米中冷戦」ともいえる状況に陥って、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング