「パナマ船籍」なぜ多い 船籍をあえて外国へ 世界をまたにかける外航海運業の戦略とは

乗りものニュース / 2018年6月24日 17時58分

日本の会社が運航する船にもかかわらず、船体に「PANAMA」と書かれているケースがあります。じつは、日本の外航海運会社が運行する船の約6割がパナマ籍。あえて外国に籍を置いています。パナマ・リベリア・マーシャル諸島船籍が世界の約4割船舶に関する報道で、中米の「パナマ船籍」と聞くことが多い気がします。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング