平成30年7月豪雨、災害派遣の舞台裏とは 陸自練馬駐屯地から部隊が出発するまで

乗りものニュース / 2018年7月13日 6時20分

「平成30年7月豪雨」の被災地を救援すべく、3万人を超える自衛隊員が派遣されました。その出発前の駐屯地内ではどのような準備がされているのでしょうか。陸上自衛隊練馬駐屯地の様子を取材しました。陸上自衛隊練馬駐屯地の長い夜2018年7月8日午後11時過ぎ、筆者(矢作真弓:軍事フォトジャーナリスト)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング