対怪獣のお約束「多連装ロケットシステム」の広がりゆく役割 島しょ防衛で艦載運用も

乗りものニュース / 2018年9月14日 6時20分

湾岸戦争で大火力を発揮したことで知られ、映画『ゴジラ』シリーズにも幾度か登場する「多連装ロケットシステム」。最初の量産モデルが登場しておよそ40年、担う役割も広がっており、総火演でもその一端が垣間見られました。その変遷を解説します。イラク軍から「ゴジラ」まで実戦でも活躍するM270大砲などが届かないような遠く離れた場所に敵が存在する場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング