写真

小田急多摩線の現在の終点・唐木田駅の先にある車両基地(2011年11月、草町義和撮影)。

多摩ニュータウンのアクセス鉄道である小田急多摩線について、延伸構想の検討が進んでいます。現在の終点・唐木田駅から相模原駅を経て上溝駅までが検討の対象区間ですが、延伸は採算性やリニア中央新幹線がカギになりそうです。上溝まで開業すると「黒字化まで42年」東京都心から西へ約30km、人口約20万人の多摩ニュータウンと都心を結ぶ鉄道路線として建設された小田急多摩線。終点の唐木田駅(東京都多摩市)から、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング